SNSでは書きたいことが書けないからブログで書く

SNSを始めたのは高校2年生。今から20年ほど前のこと。

SNSは時代と共に変化していて、当時は出会い系の要素が強かったり、限られた文字数での物語の創作などが多かったように思う。

近年では職業としてインフルエンサーを目指すなんて人も増えている。

わたしはと言えば、ブログを始める3年前までは飲み屋で知り合った人と繋がり交流したり、日常をおもしろおかしく書き綴り、みんなとのコメントのやり取りを楽しんでいた。

それが、今はSNSを酷く窮屈に感じている。(特に日常的に使っているTwitter)

時代の流れもあるのだろうと思う。

SNSは、同じテーマで発信したほうが類が友を呼ぶようにフォロワー数が増える。

情報に溢れる現代で余計な刺激を増やしたくないというのも理由の1つかと思う。

知ってか知らずか、そういう特定のモノだけを発信するアカウントが増え、それを見慣れた側はより刺激に敏感になり、思っていたのと違うと感じさせてしまうとカンタンにフォローを外されてしまうようになっている。

以前は自然体で気が合う人だけフォローしてくれたら良いと思っていたからあまり気にしていなかったけど、ブログを始めてこのことに気が付いてからは、SNSで発信することへの意識が少し変わった。

ブログを読んで好きになってくれた人のイメージを壊したくない。フォローしてくれた人をガッカリさせたくない。

1か月くらい前に、美容ブログの日記で落ち込んでいる内容を見て元気づけようと読者さんからメッセージをいただいて、とても嬉しかった。その半面・・・

イメージを壊してしまったんじゃないか?

ガッカリさせてしまったんじゃないか?

読者さんは面白い、楽しいところだけ知っていればいいのでは?

ネガティブな気持ちにはさせたくない。

そう感じて、ネガティブな要素を取り除き大幅に書き直した。


ずっと悩んでいたけれど、SNSやブログに訪れてくれた人が、意図せずわたしの見たくないところを見なくてもいいよう、そういうものはココに置いておこうと決めた。


書かないと整理できないし、こういう面も含めて興味を持ってくれる人がいたらいたで嬉しいと思う。


同じようにSNSで悩んでいる人は、ブログを始めてみるのも良いかもしれない。誰にも読まれないかもしれないけど、書くことで自分の気持ちを整理できる人にはおすすめ。

これはこの話にも通じます
趣味で始めたブログを仕事にするということ

タイトルとURLをコピーしました