趣味で始めたブログを仕事にするということ

「悪いことが重なる」「モヤモヤする」は大きな転機 で書いたように

心のモヤモヤは長い間見ないようにしてきた「○○だけど ・・・の中に隠された

「わかってはいるけど向き合いたくない(認めたくない)こと」「選べない(選びたくない)選択肢」と向き合うことで解消され前に進める。

人生の大きな転機になるかもしれない。

わたしの場合は、まずは「ブログ」

儲けようと思って始めたわけではないけど、自然と儲かるようになった。

趣味でお小遣い程度にでもプラスになるなんてラッキー

くらいに思っておけば良かった。

でも、どうせ確定申告するのならと開業届を出し「子供も手が離れてきたし、ブログを仕事として頑張っていこうかな」と前進した

・・・つもりだった。

ブログを仕事にして情報発信の重みが変わった

「仕事として頑張ってみよう」決心したものの、個人ブログの在宅勤務だし特に変わる所はない。

ただ、以前は「趣味で書いているのに文句を言われる筋合いはない」とSNSの延長線で書いていたけど、関わる人たちに迷惑をかけぬよう一層気遣うようになり、法律を侵さぬよう 薬事法管理者・コスメ薬事法管理者の資格 を取得し、薬機法や景表法なども意識して書くようになった。

ブログを続け、今後も読者さんが増え、目立てば目立つほど法的な面での緊張感は増すし、誰かの人生をマイナスにしてしまうかもしれない恐ろしさもある。

これは、本来であればSNS含め趣味で発信する際も気をつけなきゃいけないこと(知らなかったでは済まされない)と気付いたのは、長い目でみて責任を負う覚悟を持ち、法律に関して勉強し始めてからなんだけど。

ブログを仕事にして、発信することの重みが変わったのは確か。

趣味 ≠ 仕事 だけど ブログ=仕事 は成立する

「趣味を仕事にする」

できたらすごく楽しそうだし、幸せなんじゃないかと想像する。

だけど・・・

しゅ‐み【趣味】 の解説

 仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。「―は読書です」「―と実益を兼ねる」「多―」

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%B6%A3%E5%91%B3/

言葉の意味としては 趣味 ≠ 仕事

言葉遊びを抜きにしても、趣味 = 仕事 になるのって、趣味=お金稼ぎ のときくらいなんじゃないかな?

と思ったけど、野球のイチロー選手は趣味が野球・・・とも聞くし、実際には 趣味×向上心×方向性の一致 = 趣味が仕事 となることもあるのかもしれない。

でも、わたしの趣味は書きたいことを書くことであって、お金を稼ぐことではないから

お金を稼ぐために記事を書いたら、それはもう趣味のブログとは別物。


読者さんや関係者さんの目を避けて、放置し続け誰も来なくなったこの場所で、こんなふうに自分の気持ちを書き始めたのも、純粋に趣味としてのブログをもう1度やりたかったからだ。

趣味としてブログを続けたいけどブログで稼ぎたい矛盾

正直、同じ時間をかけるならブログで稼ぐよりもパートで働いたほうが確実に稼げる。(ある程度売れる記事が増えると自動的にお金が入ってくるけど)


でも、子供の学校への行き帰りにはそばにいて、元気なのかそうでないのか見守りたい。


理不尽な協調性の強要を受けるのも、子供に何かあったときに気を遣って仕事を休むのも、ぶっちゃけ職場まで歩いて行くのもイヤだ。

ついでにいうと、家事育児はわたしのワンオペがデフォで、夫はわたしに働けとも働くなとも言わない。

来年から息子は4年間専門学校に通うし、あと2年で娘は高校生だし、3年後にフラット35Sの低金利と住宅ローン減税が終わってしまうのはちょっと厳しいけど、わたしが節約すれば、趣味としてブログを書くだけの専業主婦でいたっていい。

でも、気兼ねなく毎日お酒を呑み、毎日食べたいものを食べ、気が向いたときに呑みに行き、義両親が同居することになったら様々なサービスを利用してラクに介護したい。

そして、夫がいなくても生きていけるよう経済的に自立がしたい。

でも、働きに出るくらいならパートの倍以上でも作業をして同じ金額を稼ぐ方がマシ。(出来ればパートで働く以上にお金欲しいけど)

趣味ブロガーがブログを仕事にするには

趣味として2年間、仕事としてやってきた1年間。

パソコンの起動も消し方もタイピングも知らなかったわたしだけど

雑記ブログからスタートし、ワードプレスの使い方、cocoonを使ったサイトづくり、検索流入を意識した記事作成をし、いくつかのテーマで特化ブログも書いてきた。

何時間かけて書いても、内容をパクられたり、ドメインパワーの強いサイトが参入してきたり、Googleの方針転換で順位が下降してしまう悔しさも経験した。


ブロガーさんと比較したら下の下だけど、その辺の人よりはわかるつもり。


フルタイムのパートに出るよりも収益が上がる時期もあったし、きちんとやればそれなりに稼げるとは思う。


幸い、たまたま放置して誰も来なくなったこのブログは日記にピッタリ。

ここを「周りの目を気にせずにブログを書ける場所」にする。

ほかのブログやSNSとは切り離して、キャラやイメージを気にせずありのままに書いていこうと思う。

読みたい人だけが読める場所。


ほかのブログをイヤイヤやるわけではないけど、人が関わっていたり、読者さんに元気になって欲しい、楽しんで欲しいという思いで始めたブログでは、責任や表向きの顔は切り離せない。

趣味としてのブログと仕事としてのブログ運営を明確に分けることで、割り切って「ブログを使ってお金を稼ぐ」ことをしてみようと思う。


今年もあと少し。満足のいく1年ではなかったけれど。

来年に向けて仕事時間と趣味時間を取り入れた時間割や年間計画を作成してみよう。怠けすぎたり頑張りすぎることのないように。

仕事として真面目に向き合って半年ほど経っても、こんな状態だったらどうしようか。。

計画表をつくりながら考えよう。

タイトルとURLをコピーしました